2016年J2第5節 レノファ山口FC-松本山雅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2連敗でむかえた第5節の相手は昨季J1で戦っていた松本山雅。

僕が現在住んでいる神戸から松本は割と近いので行ってきました!

鈍行で敵地へ前乗り

青春18きっぷが1枚しか残っていなかったため行きは普通に乗車券を買うことに。「名古屋からがきつい」というのは結構周りから聞きましたが、駅の窓口で「乗車券のみの購入でお願いします」と言ったら2度ほど「特急券はお持ちですか?」と尋ねられたので色々と察しました(笑)

朝6時過ぎに家を出て、新快速等を乗り継いでいくうちにあっという間に名古屋に到着。しかし、名古屋からは確かに辛いものがありましたね(笑)1番辛かったのが中津川駅というところでの乗り換え待ちの53分。

それも乗り越えて14時過ぎに松本駅到着。

Jpeg

ホテルにチェックインして松本の街を観光することに。

まず、行ったのが松本城。

IMG_4137

入城料を払って天守閣に登りましたがこれがエレベーターのある城に慣れた自分にとっては想像以上にきつかったですね。

階段もすごかったのですが、身長が高い僕は至るところで頭をぶつけたこともあって松本城には住めないと思いましたね(笑)

天守閣からの眺めは良かったです!

IMG_4148

次に行ったのが旧開智学校。

IMG_4154

展示物等も見ごたえがあってよかったですね。

ホテルに帰って、夕飯は信州そばを食べて翌日の試合に備えて寝ました。

スポンサーリンク

アルウィンで起こした維新劇場

Jpeg

少し寝坊してしまい、出発が遅れましたが松本駅のバスターミナルに10時頃到着。

シャトルバス待ちの列に並んでいると、とある山雅サポーターの方に声をかけていただきました。バスでの席もご一緒させていただき、色々と山雅のこと、アルウィンのことを教えてくださいました。本当に山雅のことが好きなんだという気持ちがひしひしと伝わってきたのが印象的で、あの熱狂的な応援を生み出せている要因を垣間見れた気がします。

シャトルバスはキックオフ5時間半前から運行、しかも無料というのもすごいですよね。

Jpeg

着いたのは開場15分前でした。奥の山は白くて寒そうに見えますが、思ったほど寒くなかったですね。

スタグルも楽しむことなく試合開始を待ちます(笑)

スターティングメンバーには今季初スタメン#29三幸の名前が。

前半は我慢の展開。危惧していたセットプレーでやられてしまい1点ビハインドで折り返します。

しかし、後半はボールを回せるようになってきて、オウンゴールで追いつくと、#9岸田のゴールで逆転。

その後、PKを与えてしまい再び同点。さらに逆転されてしまう展開。

それでも松本に駆けつけた数十人のレノファサポーターは声が小さくなるどころか大きくなっていた気もします。誰もがレノファなら追いつける、勝ち越せるだろうと信じていたのではないでしょうか。

まさにその通りになり、アディッショナルタイムに途中交代で出場の#18原口が土壇場同点ゴール!

勝ちムードだったアルウィンが静まり返った瞬間でした。

スポンサーリンク

勝ち点1以上の価値あるドロー

Jpeg

ドローなので勝ち点は1。勝てる試合だったとも思うのでそこは残念ですが、あの土壇場で奪った同点ゴールで得た勝ち点1はそれ以上の価値があったようにも感じます。

あと、個人的には、レノファが地域リーグのときにお会いしたことがあったガンバサポさんにも数年ぶりに会えて話せてサッカーで繋がる縁っていいなと思いましたねー。

次の試合はホーム維新。しっかりとホーム初勝利を挙げたい!

次の参戦予定はアウェー岐阜戦です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。